役立つ知識を紹介!

理想と現実のギャップに悩む介護職に向けて役立つ知識を紹介していきます。

尊敬を得られる介護のプロを目指して

尊敬を得られる介護のプロを目指して

理想の介護

理想の介護を実現し、尊敬を得られる介護のプロになるために必要なことを紹介していきます。利用者の生活の質を向上し、感謝されるサービスの提供を理想とする人は多いでしょう。そのためにはレベルの高い業務スキルだけではなく、一人一人の利用者と接する際の心構えが重要です。

コミュニケーションの重要さ

まず、理想の介護を提供するために絶対に必要なものは「笑顔」です。しかし、マスクをして働くことも多いので表情が分かりづらいこともあるでしょう。口角をしっかり持ち上げて笑えばマスクの上からでも笑顔であることが伝わります。ムスッとしている顔の職員には、利用者は話しかけづらいでしょう。頼られる介護職になるためには笑顔が重要です。
また、こちらから言葉をかけるときは「優しく声をかける」ことを徹底してください。利用者から人気の職員は細かな気遣いができて、時には冗談を交えながら和やかに会話ができる人です。特に認知症の方は、こちらがピリピリしていると余計に落ち着かなくなり、会話が難しくなってしまいます。忙しい場面であってもできるだけ柔らかく接することを心がけましょう。それに加えて「礼儀正しい」ことが必要です。「冗談を交えながら」と述べましたが、それはあくまでも会話の入り口として使う程度の軽いものです。人生の大先輩である利用者に対して、横柄な態度で接してしまえば当然ながら相手は怒りの感情を覚えるでしょう。あくまで相手を敬いながら接することで良い関係を築くことができるのです。

業務で意識すること

レベルの高い介護スキルを身につける必要もあります。腰が大きく曲がった高齢者であっても、正しいボディメカニクスの知識を持って対応すれば適切な介助を提供できます。スムーズな介助は利用者への負担を軽減し、生活の質向上につながります。それによって利用者からの信頼を得ることができるでしょう。
初めて介護職に挑戦する人の場合だと、いきなりレベルの高い介護スキルを発揮するのは難しいでしょう。ではどうすれば良いのかと言うと、まずは日々の仕事に対して真面目にコツコツ取り組んでいくことです。業務内容を正確に理解し、確実に実行していく。もし理解が及ばないのであれば必ず周囲に聞く。これを徹底することで確実にスキルは向上し、信頼関係を築いていくことができます。また、業務内容の記録を取ることも大切です。ある程度経験を積んだ後に、業務の引継ぎをする際に役立ちます。また、記録に残すことで自身の仕事ぶりを客観的に評価できます。先輩職員の残している記録内容を参考に、自身の業務内容を残しておきましょう。
以下に、介護職として働く中で自身の理想とする介護をみつけ、その実現に向けて取り組んでいる人の記事を紹介します。

介護職の理想と現実を知る

介護職の理想と現実について様々な角度から紹介していきます。理想に近い働き方を実現するための参考にしてください。お問い合わせはこちらから。